契約関連法務

多言語契約書の条項における異議の解決

中国契約法」の第125条の規定に従って、当事者が契約条項の理解に異議がある場合、一般的に下記の原則に基づき、条項の真意を決める。

(1)一般契約用語参照原則

(2)契約関連条項参照原則

(3)契約目的参照原則

(4)取引習慣参照原則

(5)誠実信用原則

  

契約書を二種類以上の言語で書いて、且つ同等の効力を持つ場合は、各言語の契約書における用語を同じ意味と推定される。各言語の契約書における使用用語が異なるときは、契約の目的に従って解釈する。

 

 

 

 

(無断転載禁止)

総合案内
日本語・法律相談予約

〒 200001     

中国上海市北京東路668号

科技京城西楼   19F−D座

日本業務担当:阿爾泰 (アルタイ) Altai

電話:(0086)-21-6172-0223

携帯:(0086)-138-1788-5788

    (24時間日本語対応)

E-mail:altai@nuodilaw.com

場所:〒 200001 中国上海市北京東路668号・科技京城西楼19F−D座
日本語業務担当:アルタイ 携帯:0086-138-1788-5788 (24時間日本語対応) E-mail:altai@nuodilaw.com

事務所その他電話:0086-21-53083622  53085022  FAX:0086-21-53082933 MSN: nuodi-law@hotmail.com

契約言語争議 中国契約紛争 上海契約トラブル