不動産関連法務

外国投資者が国内不動産企業を買収する方法
(一)オフショア取引
● 中国で不動産を所有している会社の親会社或は持分コントロール会社を買収することにより中国の不動産を所有する。


(二)持分買収による買収・合併
● 従業員を安置すると共に、銀行債務を処理しなければならない。
● 中国企業の持分を買収する場合は、企業が営業許可書を貰ってから3ヶ月以内に一括的に全部の譲渡金額を払わなければならない。中外企業の中国側の持分を買収する場合は、持分譲渡契約が効力を発してから3ヶ月以内に全部の譲渡金額を払わなければならない。
● 不動産譲渡に関する規制を受けない。
● 譲渡に関する税負担が低い
● 建設許可や建設請負契約の変更に関わらない。
● 不動産を獲得すると共に、目標会社のブランド、人材、販売ルート等を得ることができる。


(三)資産買収による買収・合併
● 債務が無いので、買収リスクが低い。
● 税金の負担が高い
● 土地、貸付、課税等政策の直接影響を受けやすい。

● 計画、施工、土地権利所属の申請・許可及び変更の申請をしなければならない。

 

  中国で不動産購入の注意事項

総合案内
日本語・法律相談予約

〒 200001

中国上海市北京東路668号

科技京城西楼 19F−D座

日本業務担当:阿爾泰 (アルタイ) Altai

電話:(0086)-21-6172-0223

携帯:(0086)-138-1788-5788

    (24時間日本語対応)

E-mail:altai@nuodilaw.com

場所:〒 200001 中国上海市北京東路668号・科技京城西楼19F−D座
日本語業務担当:アルタイ 携帯:0086-138-1788-5788 (24時間日本語対応) E-mail:altai@nuodilaw.com

事務所その他 電話:0086-21-53083622  53085022  FAX:0086-21-53082933 MSN:nuodi-law@hotmail.com

上海不動産賃貸 中国不動産売買 上海不動産トラブル